2022.02.21

【優秀賞】SDGsふろしきデザインコンテスト

昨年末に行われました

SDGsふろしきデザインコンテスト

エントリーした2作品、優秀賞に選んでいただきました。表彰式は3月7日に行われます。

今回のコンテストに参加し、より一層SDGsについて意識をするようになりました。何ができるか、どう動くか。自分自身で選択することができる時代。生み出すだけが最優先ではない。消費しない消耗しないデザイン。

デザインで何ができるかを改めて考えるいい機会になりました。

ありがとうございました。

 

【目標17:パートナーシップで目標を達成しよう】

世界のすべての人がみんなで協力しあい、目標を達成しよう。持続可能な開発に向けて必要な行動・手段を強化し、グローバル・パートナーシップを活性化しよう。

【コンセプト】

世界を一人で変えられるはずはない。 でもこの目の前から変えていけば、周りや街、日本そして世界が変わる。 三色団子をモチーフに上から目(自分)、日の丸(心)、地球(未来)を表現。全ては真っ直ぐ繋がっている。

 

【目標14:海の豊かさを守ろう】

海の資源を守り、大切に使おう。 目的は接続可能な開発のために海洋・海洋資源を保全し、持続可能な形で利用することです。

【コンセプト】

使い捨てをしない為の様々な「My◯◯◯」。 「My」で四方を縁取りし、みんなの声を吹き出しで表現した。意識し持つようになったMyバッグやMyボトル。それは私たち一人一人の「MyEarth」に繋がっている。これからも海の豊かさとこの地球を守っていきたい。

 

 

■事業趣旨

SDGsふろしきデザインコンテスト

SDGs(社会課題)を包みこみ、アクションを広げるためのふろしきをデザイン

地球上に渦巻く数々の課題。その問題解決のテーマとして国連はSDGsを掲げました。日本では今、SDGsの普及啓発と具体的な取り組みが急がれます。日本の伝統文化の一つであるふろしきを通してSDGへの理解と行動を促す事業として企画しました。

 

<応募部門1>

「自分の目標を描こう部門」17の目標のうち、自分で決めた目標1つを表現した作品を募集。

 

<審査員による審査>

2022年1月に、一般審査結果等を参考に審査員により優秀作品を選定。さらに絞り込み、最優秀作品や特別賞を決定。 <審査員(順不同)> 浅利美鈴(京都大学大学院環境学堂准教授)、大森正夫(嵯峨美術大学芸術学部教授)、下村委津子(NPO法人環境市民理事)、中田富士男(京都市ごみ減量推進会議会長)、京都超SDGsコンソーシアムメンバー企業、エコ~るど京大 ほか

 

<表彰式・SDGsふろしき発表会>

2022年3月 SDGsふろしき発表(優秀作品による) 3月7~13日に京都里山SDGsラボ「ことす」にて展示&表彰。オンラインでも配信。 同時に、完成したふろしきによる活用事例などを紹介。 その後、巡回展なども予定。

https://www.kotos-kyoto.jp/

住所:京都市右京区京北周山町下寺田11 元京北第一小内

 

follow me

NEWSトップへ戻る

楽書き人ORIOのFacebookページです
KAKUKAKUプロジェクトのロゴマークです
ハンドメイド雑貨toyroのロゴマークです
ハンドメイド作家CHARIのロゴマークです

デザインで何かお困りの事がありましたら、

お気軽にお問い合わせください。

キックボクサー仕込みの身軽で軽快なフットワークを活かしてキッチリ対応させていただきます。

©2021  ond  All Rights Reserved.

サイト内の画像やテキストの無断複製・転載は厳禁です。

ondのロゴマーク
ondのロゴマーク
楽書き人ORIOのFacebookページです
KAKUKAKUプロジェクトのロゴマークです
ハンドメイド雑貨toyroのロゴマークです
ハンドメイド作家CHARIのロゴマークです
ondのロゴマーク